男性

初めて飲食店を始める人はコンサルタントを頼りましょう

ビジネスは規制が厳しい

香港

他国より取得が難しい

香港で会社設立することは簡単なのですが、香港で就労するためのビザ取得は他の国より難しくなっている特長があります。日本のパスポートでは、香港に90日以内であれば、ビザなしで滞在することができます。しかしこれは短期訪問でありかつ観光目的であることが条件となります。ビジネス目的であったり、90日間を超える期間滞在をする場合には、就労ビザや投資ビザ、家族ビザなどが必要になります。ビザの管理は厳しく、取得していないと罰金や禁固などの刑罰に処されることもあります。香港のビザはイミグレーションが定める条件を理解しておく必要があります。書類作成ののちに申請を行う事になりますが、申請を却下されるケースもあります。一度却下されると再申請によるビザ取得は困難になるケースが多くなっています。そのため、専門家を通じて取得することが最も効果的な方法となります。取得専門の会社が存在するのは珍しいのですが、それだけ取得が難しいことを意味しています。もちろんこれは取得時だけでなく、更新時や変更時なども同様です。そのため、信頼できる専門家を覚えておくだけで十分心強い味方になるのです。特に税金対策などで会社設立を行う目的である場合、投資ビザが必要になります。株主などで事業を行う場合でも同じです。この場合詳細な事業計画や雇用計画などの資料も必要になるなど専門的知識が必要になることも特徴の一つになっています。判断基準がわからない素人では太刀打ちできないのです。