男性

初めて飲食店を始める人はコンサルタントを頼りましょう

法整備がしっかりしている

メンズ

税金対策で有利

香港は世界の経済の中心地でもあります。この香港で会社設立を行うと、世界経済について挙動が良くなるだけでなく、メリットがたくさんあります。まず税金面です。法人税は16.5パーセントと安く、キャピタルゲインが非課税にもなります。株式譲渡の利益などをビジネスの柱にしている場合には、有利になります。さらに万が一損失が発生しても、その損失を永続的に繰り越せるメリットも持っています。会社運営にかかるコストも低減されます。交際費などを全部損益として計上することが可能なのです。他にも非課税になるものが多く、税金対策で香港に会社設立することはメリットが多いのです。また会社設立に際しては日本と同じように法整備が万全な体制ですので、設立しやすいだけでなく、会社運営後に急に法制度が変更になったりする心配もありません。安心して会社設立して経営することができるのです。会社維持コストが安いこともメリットになります。すでに日本法人を持っている場合には、日本人一人の名義で会社設立を行う事ができます。他の国では、実態として会社のオフィスを持っている事を要求されるケースが多いのですが、香港では、オフィスや雇用の実態を伴わなくても会社設立を行う事が可能になっています。貿易の国として栄えていますので、貿易関連に関する規制も少なく、ビジネスの運営に対する弊害が少ないこともメリットになっています。金融の中心であるため、お金周りに関しては迅速に対応することができるのです。